Kanon-おすすめ感動アニメ-

key作品の1作目です。

Key作品は感動する物語が多いですが、これもとても感動するストーリーとなっています。

原作はゲームということですが、僕はゲームしたことがありません。(アニメのみのにわか)

ということで、ゲームの内容を一切知らないヤツが書いているんだということを頭に入れてみてください。

あらすじ

主人公が家の事情で雪国の叔母の家に居候することになったところから物語が始まります。

主人公は7年前にはよく訪れて友達と遊んでいましたが、今居候するために戻ってきたときにはその記憶がほとんどなくなっていました。

成長した主人公とヒロインたちが再び出会い、記憶を思い出していくストーリーです。

ヒロインはたくさんいるため、さまざまな感動する物語が展開されていきます。

 

登場人物

相沢 祐一(あいざわ ゆういち)

この作品の主人公で、家の事情から叔母の家に居候することになりました。

小さい頃(10歳くらい)にたびたび叔母のすんでいるところに遊びに来ていて友達もいましたが、なぜかその記憶がありません。

性格は意地悪なところもありますが、根本は優しい人で、悩みがあったら助けずにはいられないという感じです。

さまざまなヒロインと出会い、徐々に記憶を取り戻していきます。

 

月宮 あゆ(つきみや あゆ)

この作品のメインヒロインです。

17歳と主人公と同じ年ですが、見た目も言動も少し子どもっぽいです。

学校に行っていると自分では言っていますが、学校に行っている様子は見受けられません。

主人公からは、サボり扱いをされています。

明るい性格をしていて、すこしドジな面もあります。

 

水瀬 名雪(みなせ なゆき)

ヒロインの一人で、主人公の居候している叔母の娘です。

すごくマイペースで、朝によわいです。

まったりとした性格ですが、陸上部の部長ということでしっかりとした面もあります。

主人公の一番近くにいるということで、主人公のを手助けしている場面も多くあります。

 

沢渡 真琴(さわたり まこと)

年齢はよくわかりませんが、主人公の前に現れてきた記憶喪失のヒロインです。

個人的にアニメの中ではこのヒロインのストーリーがとても感動しました。

このアニメでは泣かんだろうと思っていましたが、ここでその考えは完全に消えました。

 


そのほかにもヒロインは数人います。

それぞれに深いストーリーがあります。

Kanonの魅力

感動するストーリー

このアニメは24話が放送されました。

その中で、様々なヒロインと出会って、その生い立ちといいますか人生をたどっていきます。

説明したいところですが、ネタバレになってしまうのでやめておきましょう。(もう一回記憶を消してこのアニメをみたいです。)

 

ヒロインのキャラがおもしろい

ヒロインそれぞれに特徴的なキャラ設定があり、とても面白いです。

極度のまったりさんだったり、ドジっ子、無口、など少し変わった人たちが多いです。

そんな特殊なキャラのヒロインと主人公との会話も面白いです。

 

まとめ

やはりkey作品ですね。

アニメしか見ていないので、いつか3作品目のCLANNADといっしょにゲームもやってみたいです。

この頃泣いてないなぁ、という人ぜひ休日に一気に見ることをおすすめします。

 

個人評価:★★★★(☆)(4.5)

個人評価について

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】 Kanon コンパクト・コレクション Blu-ray 【初回限定生…
価格:17982円(税込、送料無料) (2017/11/5時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Kanon カノン 全8巻セット [DVD]
価格:47374円(税込、送料無料) (2017/11/5時点)